夏バテ予防!原因を理解して暑さを乗り切ろう!

2019/05/27 健康
夏バテ

星野「暑い!!!夏バテだっ!!!」

 

宮本「最近暑くなってきたけど………まだ5月だよ?早くない?」

 

星野「………じゃあ五月病でいいよ」

 

宮本「………(さては五月病のことをあまりよく知らないな?)」

 

最近暑さが増してきましたね。

 

コンビニもたくさんの冷やし麺が出てきました。

 

星野の一押しはセブンイレブンの冷やし肉味噌担々麺です。

 

少し早いかもしれませんが本日は『夏バテ』についてです。

 

これからもっと暑くなってきます、しっかりと予防について知って暑い夏を乗り切りましょう!

 

夏バテと聞くと・・

 

熱いから体がバテてしまった、と思われる方がほとんどかと思いますが…

 

実は自律神経の乱れが大きく関わっているんです!

 

人間の体は、体温を常に一定に保つ為に、体温調節をしています。

例えば、暑ければ汗をだして体温を下げようとします。

 

ですが!

 

日本の夏は高温多湿!

 

汗を出して体温を下げると言った機能がうまく働かずに、体温調節にかなりのエネルギーが使われてしまいます。

 

これが体にとっては大きな負担になってしまうようです。

 

これに加えて生活習慣の乱れやストレスなどの影響で、 汗を出す働きをしている自律神経は乱れてしまう為、 次第に体の熱をうまく放出することが出来なくなってしまい、身体の色々な所に不調がでてきます。

 

簡単にですがこれが「夏バテ」と言われるものの正体です!

 

夏バテの予防に大切な事は大きく分けて3つあります。

 

1.水分補給

 

2.睡眠

 

3.食事

 

①水分補給

 

暑くなって大量に汗をかくと水分と塩分が失われてしまいます。

 

失った水分と塩分を早めに補わないと、発汗が止まり、体温が異常に高くなってしまいます。

 

つまり「熱中症」ですね。

 

夏バテは熱中症の一歩手前なのです!

 

水分の摂取量が少なく、喉の渇きを感じるまでに時間がかかる高齢者や、体温の調整機能が未熟な子どもには、特に注意が必要です。

 

喉の渇きを感じる前に水分補給をする事が大切になってきます。

 

喉が渇いたと思ったときにはすでに脱水が始まっている状態なので、少ない量でもこまめに水分を摂るようにしてください。また汗をかいて水分が失われやすい外出(外歩き・庭の手入れ)や就寝の前は、コップ1杯程度の水分を補給してください。

 

大量の汗をかいて塩分も多く失うときは、真水ではなく適度な塩分と糖分を含み吸収率にも優れた経口補水液やスポーツドリンクを活用します。

 

もし家庭で手作りする場合には

 

0.1~0.2%程度の食塩水(1ℓの水に塩小さじ1/4位)を作り、レモンの絞り汁などで好みの味付けをしてください。

 

※ビールなどのアルコールは脱水作用があるため、水分補給には適しません。

 

②睡眠

 

疲れをとるためには、ぐっすり眠ることが大切!

 

まずは寝室内を快適に保ちましょう

 

室内の温度は約28度、湿度は50~60%を目安にエアコンや扇風機も活用してください。

 

1〜2時間でスイッチが切れるようにタイマーを設定して一晩中かけ続けないことも重要と言われていましたが、何度も起きてしまって良く眠れないくらいなら朝までかけておいた方が良いと星野は思っています。

 

ただしエアコンも扇風機も風が直接当たらないようにしましょう。

 

 イグサ、竹、麻など通気性の良い天然素材や、ひんやりと感じる素材で作られた寝具などを選ぶのもおすすめです。

 

最近は夏グッズが沢山売っているので色々見て使ってみるのもいいかもしれませんね! 

 

よりよく眠る為に軽い運動をしてみるのもありですね。

 

汗をかく能力を高めることも「夏バテ」の予防につながります。

 

軽く汗ばむウォーキングや軽いジョギングなどを15~20分ほど行うと、汗腺が開いて汗をかきやすくなります。

 

が!

 

真夏の炎天下で運動するのは熱中症のリスクが高く危険ですので、気温が低く、日差しも弱めの早朝や夕方以降に行うことをおすすめします。

 

水分補給はしっかりとしてくださいね?

 

③食事

 

そうめんや冷や麦など冷たくて食べやすいものをついつい食べてしまいますよね。

 

しかしこれが夏バテの原因になっているんです!

 

夏は炭水化物に偏りがちな食事になる傾向にあり、栄養バランスが崩れがちになってしまいます。

 

特に不足しやすいたんぱく質や、汗をたくさんかくと失われるビタミン、ミネラルは意識して摂るようにしたいですね。


たんぱく質を摂るために肉、魚、大豆製品などを一食ごとに意識して食事に取り入れていきましょう!

 

またビタミンやミネラルを含む野菜や果物も積極的に取り入れてください。

 

いかがでしたか?

 

少し長くなってしまましたがそれほど大変なことはありませんので実践してみてください!

 

星野「冷やし肉味噌担々麺は本当に美味い!」

 

宮本「セブンイレブンと契約でもしたの?(ちょっと食べたくなってきたな)」