質の高い睡眠はとれていますか?

2019/09/08 健康
お休み

この記事は『あなたの頭皮は大丈夫?Iris薄毛危険度チェック!』の解説になっています、まだ読んでいない方はあわせて読んでみてください。

 

Q8・睡眠が不足しがちである

 

髪やお肌の細胞が一番成⻑するのは夜寝ている間です。

 

特に午後10時~午前2時頃は新陳代謝が最も活発で、 古くなった細胞が新しく再生される貴重な時間と言われています。 

 

睡眠時間が短いと、髪に必要な栄養を届けることができず、髪の成⻑を阻害してしまいます。

 

日々積み重ねられると髪や頭皮の栄養不足は大きなダメージとなります。

 

人間は睡眠中に体内で成⻑ホルモンが分泌されます。

 

 成⻑ホルモンとはその名の通り人が成⻑するために欠かせないホルモンです。

 

 代謝の促進、細胞結合力の増加、細胞修復の促進などの役割も持つといわれ、 成⻑ホルモンがもっとも分泌される時間帯は、入眠直後の熟睡期だといわれています。

 

睡眠時間が短かったり熟睡できず質の悪い睡眠が続いてしまうと、 成⻑ホルモンの分泌量が減り体にダメージが蓄積する恐れがあります。 この影響が頭皮環境の悪化や薄毛を招くと考えられます。


※ 睡眠前の飲食、飲酒、喫煙は睡眠の質を妨げます! 

 

※ 睡眠前のスマホ・PCも睡眠の質を妨げます!(特に若い方は注意を) 

 

人間の体は就寝してから、回復の順番が決まっています。 

 

『 内臓 → 体の傷 → 髪や爪 』の順番に回復させていくと言われています。 睡眠時間が短いと髪の成⻑を促すまでいかずに朝を迎えていることになります。 

 

・睡眠の質を高めるポイント

 

1・就寝の少し前に38~40度のぬるめのお湯で20分程入浴する 。

 

2・寝る前の喫煙・飲酒を控える (就寝の2~3時間前は控えるのが最低限必要)

 

3・就寝前のスマートフォンやパソコン部屋をずっと明るくしておく等の光源にも気をつけましょう。