年齢で『始める』『変える』ケアの仕方や考え方

2019/05/09 Irisからのお知らせ
Iris絵

ゴールデンウィークが終わってしまいましたね………

 

みなさんはお出かけしたりゆっくりと休んだり出来ましたか?

 

今年は特に長いお休みだったので仕事に行くのがだるくなってしまったなんて方も多そうですね。

 

Irisブログも2日間ほどゴールデンウィークのお休みをいただきました、今日からまた次の長期連休まで毎日更新いたしますので宜しくお願いします。

 

本日はタイトルのとおり『年齢で考えるケア』についてのお話をしていきます。

 

みなさんは『顔』『頭皮』『髪』『身体』どこかにお悩みはありますか?

 

おそらく9割以上の方が『ある』と答えるのではないでしょうか?

 

悩みが全くないという方にはお子様を除いて、まだ会ったことがありません。

 

特に年齢を重ねれば重ねるほど悩みは多くなっていきますよね。

 

実際に星野も20代前半頃には感じていなかった悩みが増えてきました。

 

こんなところにシミなんかあったけ?

 

なんか毛穴が目立つな………

 

お腹周りがっ!!!アゴ周りがっ!!!

 

なんか髪の毛が細くなった気がする………

 

最近胃もたれするな………

 

いつもと同じくらいしか飲んでいないのに、朝起きた時にまだアルコールが抜けていない気がする………

 

等々………

 

書き出したらキリがないです!

 

人間は加齢によって様々なものが身体からなくなってしまいます。

 

それによって若い頃には感じなかった悩みがたくさんでてきます。

 

その悩みを『改善する』『悪化させない』そのためには、やはりしっかりとケアをする事しかないんです。

 

しかもその『年齢』『悩み』にしっかりと合ったケアをしなくてはいけません。

 

女性の方は特にわかりやすいのではないでしょうか?

 

20代の頃に使用していた基礎化粧品や化粧品は今でも使えますか?

 

男性の方は昔の写真と比較してみてください?

 

髪の毛は寂しくなっていませんか?

 

明日からは年齢別・お悩み別のお話を多めに記事にしていくので楽しみにしていて下さいね!

 

また、こんな悩みはどうしたらいいの?

 

等がありましたらお問い合わせください!すぐにお答えいたします!